地形解説(FCW)

概要
FCWに登場する地形の解説。
大昔のゲームを今の技術を用いて調べまくったので、
当時のマニュアルや今の電子説明書に書いてないこともあったりなかったりする。


名前 道路
In English Road
地形効果 0%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 -

移動を特に制約することはないノーマルな地形。
しかし、車両部隊と戦車部隊に区別の無い今作では、
地形効果の無い、ろくでもない地形という程度の印象しかない。
敵部隊がここに立っている時に間接攻撃を加えたり、
こちらは自軍都市から殴りかかるなどすると爽快である。


名前
In English Bridge
地形効果 0%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 -

川や海の上にあるオシャレ道路。地形効果ナシ。
今作で特に橋の周辺で渋滞するようなマップはないが、
「双子島」や「デビラー島」などでは、部隊の橋の通過が一つの節目となるので、
プレイヤーの心に働きかける地形ではある。


名前
In English River
地形効果 0%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 2
戦車 6
航空 1
艦船 1

歩兵部隊と戦車A、そして装甲輸送車は通れる地形。
艦船部隊は通れないので、今作のリメイクのSFWよりはGBWsと似ている。
特に「チリヂリ川」のような場所では、ここを通れる連中だけで北部都市郡を奪い合うので重要。


名前 砂浜
In English Shoal
地形効果 0%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 -(1)
戦車 -(1)
航空 1
艦船 1

こちらもSFWと違ってGBWsと似ている地形。
地上部隊は、揚陸艦が待機している状態でのみ移動可能となる。
そして、今作で揚陸艦を生産する機会は全ユニット中最も少ない筈。
だからあまりどうでもいいことなのさ。


名前
In English Sea
地形効果 0%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 -
戦車 -
航空 1
艦船 1

艦船部隊と航空部隊のみが移動出来る地形。
今作では戦艦で地上を砲撃しまくることはあるが、海戦は殆ど行われない。
先手を取って敵戦艦に爆撃機をぶつけて終了程度の戦いにしかならないからだ。
海ばかりで敵の射程を見失いそうなマップも「ラストドリーム」ぐらいなので、
そこをプレイする際には気を付けるべきだが・・・大して問題にもならない。


名前
In English Lake
地形効果 0%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 -
戦車 6(装甲輸送車のみ)
航空 1
艦船 -

SFWのページでも、そのプレミアム感だけしか書かれていない地形。
内容は川とほぼ全く一緒。唯一違うのは戦車Aは入れず装甲輸送車は入れる点。
戦略上の要所にあるなども全く無いので、水遊びでもしたくならない限りは絶対に進入することは無い。
たまには歩兵ちゃんや装甲輸送車さん達を景観の良い場所で慰労してあげて下さいね・・・。


名前 平地
In English Plain
地形効果 10(歩兵部隊のみ20)%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 -

今作で非常に重要な地形の一つ。
全部隊移動コストが1しかないにも関わらず防御修正があるのもいいが、
何故か歩兵部隊のみここの地形効果が20%になっているのだ。
他の作品では森クラスの防御修正が得られてかなり嬉しい。こちらも敵も。


名前
In English Wood
地形効果 20(歩兵部隊のみ30)%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 2
航空 1
艦船 -

戦車部隊に対しやや移動コストを要求する地形。
その代わり平地以上の防御効果があるので非常に便利。
という程でもない。何故なら、今作の都市は地形効果が半端ない為、
他の作品以上に意識して戦うこととなるからだ。
ともあれ、SFWの様に間接攻撃部隊が移動出来ないなどはない。一安心である。
但し、何故か歩兵部隊のみここの地形効果が30%になっているので、
歩兵部隊に関してはここにいるだけで十分過ぎる固さとなる。


名前
In English Mountain
地形効果 50%
収入 無し
補給・補充 無し

移動タイプ 移動コスト
歩兵 2
戦車 -
航空 1
艦船 -

航空部隊を除けば歩兵部隊のみが移動可能な地形。
地形効果は何をふざけているのか、50%もある。SFWの要塞に相当する。
あらゆるダメージを半減した上で殴り掛かってくる戦闘工兵は脅威としか言い様がない。
時間稼ぎや弾数減らしの為に、ここに歩兵を並べておくだけで素晴らしい働きが出来る。
貴重な都市郡は優先的に戦車部隊に割り振って、歩兵達は元気ならここに立たせるべきだろう。
ただ、GBWsと違い装甲輸送車が移動出来ないのは残念無念である。


名前 基地(首都)
In English Headquarters
地形効果 40%
収入 4000G
補給・補充 地上部隊

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 1

今作では基地が正式名称。陥落すると敗北する両軍の総司令部。
但し、一部資料によると(首都)表記もあるのでその呼称が間違っている訳でもない。
収入で差は付けられてはいるものの、地形効果40%は都市と同じ。
エンディングマップを含めてもこの地形の上で戦うことは殆ど無い。
敵軍基地を強襲する際に、逆にこちらの占領歩兵をガッチリと守ってはくれる。
最後に、今作の部隊の生産可能拠点は、自軍基地半径2マス(タテ・ヨコ・ナナメ)。
上記画像のど真ん中に基地があったと仮定して、残りの全てのマスと覚えて頂きたい。


名前 都市
In English City
地形効果 40%
収入 1000G
補給・補充 地上部隊

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 -

CAUTION! CAUTION! 今作最重要拠点。
収入がある上に防御修正が何と、40%もございますですことよ!?
しかもGBWsと違って今作の全補給は端数ダメージも回復する
ちょっとだけ食らって戦闘ダメージが一生減り続けたままというのはないのだ。
自走砲Aなども被弾を恐れず前へ前へ進められるので、戦い方はGBWsとは少々異なってくる。
回復量はHP2+端数ダメージ(つまり最大2.9HP)回復ではなく、
ぴったりHP2分(HP5.4のユニットなら全補給後にHP7.4)なので、
21世紀ウォーズ程無理は出来ないがこれは嬉し過ぎる。何でGBWsでだけないのでしょうかー?
戦車部隊を居座らせてチュンチュン攻撃しまくるだけで、無傷で敵部隊を次々破壊出来る筈だ。
輸送ヘリは地形効果が得られないし、そもそも数少ない空港で悠長に補給など殆ど出来ない。
そこで、数多いこの拠点で地形効果と補給が得られる戦車部隊は非常に重要となってくるのだ。
それと、自軍基地半径2マスは地上部隊の生産も可能だ。
SFWでは最初から工場になっているので間違うことがなくなっていたが、今作では注意。


名前 工場
In English Base
地形効果 40%
収入 無し
補給・補充 地上部隊

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 -

地上部隊の生産・補給が可能な拠点。
今作では基地に収入が4000Gある分、こちらに一切の収入が無い。
なので、敵軍側の物は自軍部隊で塞ぐ以上の妨害は必要ない。
基地へは行えないがここに歩兵部隊を直接降車することは出来るし、
航空部隊が使えるならやはり戦闘機で一気に塞いでいくと○。


名前 空港
In English Airport
地形効果 20%
収入 2000G
補給・補充 航空部隊

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 1

空港が併設された都市。その分資産価値も高く、収入は2000Gある。
耐久度に都市との差異は無いので、真っ先に占領すべき拠点。
その数は少なく、今作にはまだ空母はなく、
その上補給車を使って輸送ヘリと戦闘機Bに補給出来ない為、
空港は常に自軍部隊間でも奪い合いになる。輸送ヘリなどは補給する暇がないだろう。
なので、輸送任務を一通り終えたものから順に突撃して使い潰すのが最も良い。
処分コマンドの無い今作では、この行為がどうしても必要になってくる。
ちなみに、ここに待機している航空部隊は滞空消費燃料が0になり、
自身の燃料が0でも墜落しない。それまでに到着出来ていればセーフだ。


名前
In English Port
地形効果 20(艦船部隊のみ40)%
収入 2000G
補給・補充 艦船部隊

移動タイプ 移動コスト
歩兵 1
戦車 1
航空 1
艦船 1

港が併設された都市。その分資産価値も高く、収入は2000Gある。
耐久度に都市との差異は無いので、真っ先に占領すべき拠点。
今作で非常に強力な戦艦だが、6発撃った後は補給が必要なので、
補給に活用出来る港の数が、ある程度戦艦投入数の目安となる。
そして、何故か艦船部隊のみここの地形効果が40%になっている
敵自走砲Aに戦艦が狙われてもノーダメージ(端数ダメージは全補で無料回復)なのだ。呆れる程固くなる。
揚陸艦も殆どの部隊に対しノーダメージだが、
こちらの場合搭載部隊の端数ダメージは回復出来ないので、やはり搭載中は攻撃を控えよう。
ちなみに、艦船部隊の燃料が0になった次のターンに沈没するが、
ちょうど燃料が0の状態で自軍港に到着しても、次のターンの全補の前に沈没する。航空部隊とは違うのだ。

前のページに戻る

トップページに戻る