更新履歴(トップ画像)

概要
本サイトのトップページの画像の更新履歴。月イチ更新が理想だが、どうやらそれは無理の様だ。
基本的にウォーズシリーズでネタに使えそうな場面から拝借しているが、
ネタ不足が深刻な為、もはやネタ画像化している側面は否定出来ない。
こちらが出来る範囲でという条件付だが、ネタの提供は大歓迎である。
しかし、更新履歴の一番下なんて普通は見ないだろうから、ほとんど隠しページ・・・。

33代目(2010/11/15~)

「空」じゃないのよ

FWDSの「負けられない戦い」にて、
バックスを改造コードで無理矢理操作可能にした時の画像。
この地形は「空」ではない。「海」なのだ。
つまり、マリンスターを装着するのが最も有効なのだ。
こんなの分かる筈がねえ! 本当は戦闘機→ブラックアークを知りたかっただけなのになぁ。
ちなみに、「希望の兆し」の上空もここの使い回しの様である。

32代目(2009/03/14~2010/11/14

ほとんど元絵と変わりません

FWDS2(やはり2010年3月現在も仮題)の「ウラルアウル潜入」の1枚絵を、
アルファベットと記号だけで絵を表現する、通称アスキーアートに変換した物。
当然これを人力で作れるほど管理人に知識がある訳ではない。
イギリス製のツール、“ASCII Generator dotNET”を使って作成している。
コレは凄い。画像を指定したら一瞬でアスキーアートに変換されてしまう。
但し、日本語(2バイト文字)には対応していない。それと、今DL数が非常に伸びまくっているらしい。

31代目(2009/12/10~2010/0312)

ラー ララララー ラーラー♪

国民的ゲーム、ファイナルファンタジーシリーズの2作目、
ファイナルファンタジーII(FC)の1コマを改変した物(BGM:白鳥の湖)。
大人の時間を連想させるが、この王女は魔物が化けているだけだから大丈夫!
ちなみに、レア装備、「リボン」をドロップするまで何度も殺される、可哀想な敵だったりする。
ABキャンセルで鍛えましょう。パーティアタックでHPを増やしましょう。
当時のファミマガやマル勝等にも載っていて、
誰もが試して後半戦に挫折する(実はしない方が後半に強くなれる)という、不遇の名作であった・・・。

30代目(2009/11/10~2009/12/09)

コラ素材?

改造コードで無理矢理コールを使用可能にし、戦闘に勝利。
その後の戦績表示画面の1コマ。見ての通り、彼にはテキストは存在しない。
本編では見られる事の無いこのスマイルにのみ価値が存在する。
さて、この司令官を変更する改造コード、本サイトに掲載する訳にはいかない。
そりゃあそうだ。同じコードを入力すれば、Wi-Fi対戦で好き勝手出来るのだから。

29代目(2009/10/10~2009/11/09)

さぁ、後2ヶ月だ!

SFCの「タクティクスオウガ」にて、
自軍オクトパスをオークションに出品した際の台詞を
多少改変した物だが、顔を前総帥に変更したり、
文字がほとんど隠れているのに、スペシャル技の一番目を、
竜言語魔法、「メテオストライク」にわざわざ変更したり、
ユニオン名を変える為だけに最初からやり直したり、
該当オクトパスをオークションに出品する為だけにレベル上げと、
無駄に時間は掛けた画像である。ちゃーんと炎属性にした? ので、
水属性が似合うオクトパスが益々使えなくなっちゃうよ。あは。
ちなみに、“期”の字は作中に無かっただけで、
決して管理人が字が分からなかったとか、そういう悲しい事ではない。
とか書いていたら、画面中にあるじゃあないか。“期”。
命名時のみ使えないだけなのか。もっと周りを見なくてはね。

28代目(2009/09/10~2009/10/09)

「クリスマス作戦」・・・か?

Advance Warsの発売からこの日で8年。あの事件からも8年。
ゲーム雑誌のカレンダーによると、3か月以内に発売はする、
ファミコンウォーズの続編の登場を待つ一コマで、
SDガンダム 「ナイトガンダム物語2」(FC)の画面を多少改変した物。
本当はその3作目についての会話だが、SFCの3作目は未だに日の目を見ない。
前作は「兵法の書」というインチキアイテムの増殖が社会問題となったが
今作でもワーカプール(序盤のザコ。どくろ洗いやギガースウォームに相当)から乱獲出来た為、
オキニの1名のレベルが突出する事が多かった。ガンダム無双ですね。

27代目(2007/10/11~2009/09/09)

大丈夫? ファミ通の限定ソフトだよ!?

このシリーズをプレイしている者なら絶対に手に入れておきたいレアソフト、
GBWTのファミ通Versionそのものである。
作ったページを見れば分かるが、何故かGBWTと色が微妙に違っていた。
大人って汚いな。パワーオブマネーである程度の事は出来ちゃうから。
といってもお値段は最新ソフト1個分くらいだったので、多分いい買い物だった。

26代目(2007/06/01~2007/10/10)

カンカンカンカン・・・ボンボンボン

シリーズの始祖、FCWの「空豆島」のコンピュータ対決。
この頃はランダムダメージ0~9%が現在ライフに影響しない為、
ダメージ次第によっては戦車が早々に倒れ、ダメージ量の予測が難しく、
本サイトの様なタイプのサイトを作っている方には大変難しい内容である。
余談だが、実はこのゲーム、ヤン・デルタという将軍が作ったゲームなのだ。
クリークスシュピール(戦争遊戯)は実践に通ずるらしいが、検索では全然出ない謎語。

モノホンの兵隊さんだそうで

関係団体を刺激しそうなパッケージ

25代目(2007/03/01~2007/05/31)

本編の作図がチャチに見えすぎて困る

世界中でみるみる参加者が増えているネット対戦AWBW。
私も多少はその片棒を担いでいる気がしないでもない(別に布教はしていないよ)が、
そんなAWBWに新風を呼ぶ予感の新たなマップエディタの登場。
AWBW用にカスタマイズされたであろう次世代アプリ。使って作って作図界の発展に貢献しよう。
ちなみに、これを作った方はAWNの管理をしている人で、南米の人だそうな。
南米と言われてもサッカーとチリ人の妻くらいしか連想出来ないのは私だけなのかそうでもないのか。

24代目(2007/02/01~02/28)

首都が2つあった方がきっと面白い

AWBWにアップロードしている訳ではないが、
工場封鎖で思ったよりも簡単に終わってしまう「課外授業」を、
もう少し日持ちさせる方法として、サイズを2倍にしてみたが、
これでもたったの10日で全滅勝利(先攻使用。先攻リョウ・後攻ホイップ)
この手のRedoneマップはやはり対人対戦、つまりはAWBWでプレイするべきか。

23代目(2007/01/01~2006/01/31)

わたしたちじゃなくて おまえがな!

クラシックマップ、オニギリ島の最終局面。
こういうマップでのビリーさんは本当に弱いが、
海外ではCGH(のG)と畏怖の念を込めて呼ばれているオニーサン。
陸戦オンリーならC(イワン)もH(ハチ)も余裕で潰す。

22代目(2006/12/24~2006/12/31)

風来人 所帯持たぬが 嫁キープ(字余り)

巷がドラクエⅥと天外魔境ZEROで話題だった頃、
こっそりSFCで発売された「風来のシレン」。DSで発売された物の元祖だ。
この頃はマイナーでね、早解きキャンペーンの競争率が非常に低かったんだよ。
それの続編のGB版(WIN版もあるよ)のヒロイン、ケヤキちゃんのスプライトマップ。
このシリーズの主役、シレンさんの嫁に最も近い存在と思われるが、
幼少時代はサスミちゃんにキララ姫、
青年時代に目潰しお竜さん・酒場の娘・鍛冶屋の娘・トメさん(!)と占いオババ(!!)、
その後も、アテカ姫・サッちゃんと、旦那様がとてつもなくモテるので、
その夢が現実となる日は不明。強い上にカッコ良すぎるので♂にもモテモテでもある。

21代目(2006/12/01~2006/12/23)

スマイルスマイル。ラブアンドピース

21世紀ウォーズのショーグン達は様々な表情を見せてはくれるが、
中には喜んでいたり怒っていたりしていても、
通常時と大して変わらない表情を見せる寂しい方々も存在する。
この画像を拡大すれば分かるが、実機で分かったらしゅごいぞ。

20代目(2006/11/01~2006/11/30)

たまに起こる運次第の生存判定

Windows OSを使っている諸兄で知らない者はいない、
暇潰しへの貢献度は、かのフリーセルを双璧を成す、
エキサイティングな地雷探査ゲーム、マインスイーパの1コマ(上級)。
画像の様に、最後の最後で踏んでしまうと言い様の無い敗北感が君を襲う。

19代目(2006/10/01~2006/10/31)

WM側を作る場合、改造ツール必須

GBW3のマップエディット機能を使って、
GBWのエンディングマップの一つ、「ノストラ平野」を再現。
21世紀ウォーズと違ってヘクス型なので、再現は非常に楽。
他のマップを再現したりすると、イージス艦を飽きる程目撃したり、
それらを包囲して歩兵でボコボコに出来て気分がいい。

18代目(2006/09/01~2006/09/30)

イーグルでも出来るのはナイショ

AW2の“Final Front”で、マックスが喋る場面に手を加えて、
AW2の“Sensei's Return”で、スネークが10日で~の台詞を、
10日の部分を9日に変えて貼り付けた物。
ちょっと前にイーグルの奴(11日)を作って、
ネット対戦AWBWのForumで使っていたが、ここも勿論変えました。
AWBWの日本人プレイヤーは皆それなりの力はあるのに、
発売が遅かったから弱いなどと勘違いされているのが悲しいぞっ!
という訳で使っているが、はたして、汚名は返上出来たのだろうか。

17代目(2006/08/01~2006/08/31)

ロマサガ3を知る者来たれ!

現在でもかなりの人気を誇るSFCソフト、Romancing Sa・Ga3で、
一部求道者に大人気のミニゲーム、マスコンバット。
その最中に秒殺に非常に便利な作戦、「分断作戦」を使った瞬間。
画像の、フォースの暗黒面に染まったアクート将軍とのバトルは、
残念ながらボツバトル。通常プレイでは決して戦う事は出来ない。
戦うには改造ツールが必要だ。毒にもなるが薬にもなるツールだ。
ミカエル様でスタートし、マスコンバットの戦闘準備マップにて、
7E130E1Aと入力すればOK。他にもボツバトルはあるのだが、
フリーズやら何やらが多いので、掲載は控える事にする。
地形は峠。前列は竜騎兵に後列はガーゴイル。傭兵を使っても難しいよ。
このページ、もはやレトロゲーム紹介コーナーになっている気がする・・・。

昔は練磨の書もあったのだけど・・・

ねんがんの りゅうそうスマウグをてにいれたぞ!

16代目(2006/07/01~2006/07/31)

ウサギさんとかネコちゃんが強いよ

ハドソン製作のSLG、ネクラタル・・・違った。ネクタリスで、
非公式のマップエディットで作成した「森の細道」。
場所が月なので森などある筈も無いのであった。
実はこのソフトはフリーウェアで、ハドソンのサイトからDL出来た。
現在は消滅・・・したと思っていたら、InternetArchive経由で入手可能。
難易度はちょっとヌルいと思うが、中々良く出来た作品とは感じた。
が、戦闘結果がジーポちゃん使用時の如くムラがあって大変だ。
戦闘前にほぼ完璧に戦闘結果が予測出来るウォーズは素晴らしい。
これは比較対象が強敵すぎただけかもしれないけど。
とにかくネクライト・・・違った。ネクタリスを今後ともよろしく。

15代目(2006/06/01~2006/06/30)

ハモ姉様! ボクはやります!

「黄金の太陽」のイワン君がネクロマンサーにクラスチェンジ後、
この世界の最強の守護者、デュラハンを召喚し、
同守護者の秘剣、「ファルミナスエッジ」が命中した瞬間。
2009年夏に、遂に続編が出る事が判明。日本のマニアと外人大喜び。

良い子は箱を傷付けない様に、と

2部完結? ア○○スはどうした!?

14代目(2006/05/01~2006/05/31)

オレは連合軍のお荷物なのか・・・

Mother3発売・購入・終了記念。写真は前作。
彼の移動距離補正を消滅させた理由をぜひ聞いてみたい。
まぁ、筋肉王の話などしても仕方がないので、豚王の話でもしようか。
まず、ストーリーは短い。また、難易度はかなり低い。
ドラム回転が前作とは比較にならない程遅いのだ。
ドラムだけではなくメッセージスピードも遅いので、
これでバランスを取っているのか。何か間違っていないか?
オフェンス・ディフェンスアップ&ダウン×3(勿論七つ道具でも可)後は、
物理攻撃はほぼ無効。非オフェンス依存攻撃だけに気をつければいい。
この袋叩きは誰にでも通用するというのも問題だろう。
魔法解除PSIという物は無いので効果は永続。女神転生Ⅱ(FC)を思い出した私。
前作のネタはふんだんに登場するので、これを前作未プレイで買うのは無謀だ。
総評。前作が素晴らしすぎただけで、信者なら今作のプレイは問題ない筈。
でも、携帯機だからか。迫力と盛り上がりに欠けたと感じたのは事実。
とにかく、未プレイなら先に前作をプレイするべきだ。今ならバリュー価格だ。

13代目(2006/04/01~2006/04/30)

マップエディタでくっつけました

管理人をこの世界に導いたGBWTから「ニャンコロ島」が参戦。
29×28(本当は28×28だけど)なので、GBWA以降では再現不可。
唯一プレイ出来る場所はネット対戦、AWBWのみ(というか管理人作だ)。
相手がヤマモト先生だと、毎ターン歩兵招集で100体オーバー。勝てません。

12代目(2006/03/16~2006/03/18)

フェニックスの尾+ダークマター+青色1号

Ⅵ以前のFFなら(アイテムコレクションを中心に)大好きではあるが、
Ⅶ以降のFFはⅥ以前の姿が欠片も無く、ジンマシン物の管理人。
そんなFFも管理人の知らぬ間にもうXII。私も年を取った・・・。
そのXIIの販促用にサントリー(一流企業だぞっ!)が作った伝説の霊薬。
その名はポーション。HPが回復するあの「ポーション」ですよ。
青々として実に健康に良さそうだ。安い方と高い方があるのだが、
どうせ吶喊するならプレミアム。コムスメのカードが入っとりました。
そんな物はどうでもいい。「どれ・・・味見してやるぞ。」
結果、管理人は大ダメージを受けたので、私はアンデッド(!)らしい。
それにしても、この画像はウォーズとは何の接点も無いなぁ。

「無謀なる突撃」

「全 軍 突 撃 !」



「ついえし希望」

「ポーション・・・キサマ・・・」

11代目(2006/03/01~2006/03/15・2006/03/19~2006/03/31)

アレの名前は"Meteoritenregen"

母国?、ドイツ語でのヘルボウズ様のお姿。AW2版が用意出来なかったのが残念。
AWは言語を変えれば英語版とも違う名前の司令官も一部存在し、
スペイン語のイーグルはÀguila。ドイツ語ではドミノがTami、ビリーがKid。
解説も4ヶ国分あり、取扱説明書は123ページ(!)もある。超分厚い。

10代目(2006/02/01~2006/02/28)

SFC版はべらぼうに易しいのだけれど

AWBWは勢力(使える色)が増えている分、遊べなくなるというリスク(!)さえ抱えれば、
ドット打ちの要領で色々なキャラクターもマップで再現可能だ。
お題は、可愛いレイアウトと裏腹にべらぼうに難しいFCの迷宮組曲(ハドソン)の主人公、ミロン君。
体組織のほとんどが拠点(!)なので、アップロードはしていない。
同ソフトは微妙にプレミアソフトであるが、最近GBAに移植されたそうな。こりゃ驚いた。
シャボン玉片手に戦うミロン君の勇姿にメロメロになるも良しだが、
FC版の忠実な移植と予想されるので、ファミコン世代以外には辛い戦いになるのは必至だろう。
この手のマップを作成し、かつ遊べるという画期的な物を作成した諸兄は、
リンク先の「ウォーズメーカー」の掲示板にアップロードし、武勇伝を語るべきだ。
下記画像が迷宮組曲のソフト(と、ハドソンのイベントで貰った荒井注氏のサイン)であるが、
御存命の内に同氏のサインを貰えた私はラッキーなのか。御冥福をお祈りします・・・。


何だバカヤロー!

伝説のソフトと伝説の芸人(故人)のサイン

9代目(2006/01/01~2006/01/31)

キャサリン、Sブレイク発動?

戌年に併せて、都合良く犬の絵でも用意できれば良かったが、
このシリーズに猫娘はいても犬はいない。誠に遺憾な事である。
という事で、戌年と全く関係ないGBWA2、「海上都市を狙え!」の海外版の台詞。
あぁ恐ろしい・・・。オ・バ・サ・ンよりヒドイお婆ちゃん扱いに、キャサリンは何を思うのか。

8代目(2005/12/24~2005/12/31)

「飛行」でもいいが、トナカイは「馬術」だなぁ

聖闘士聖夜に欠かせない存在のサンタだが、現在は赤が主流。残念ながらホイップは青。
だったら勝手に染めてしまえという事で、リョウのカラーを拝借して赤化に成功。
これだけ違和感が無いのなら、いつレッドスター側に再び寝返っても安心である。
なお、元ネタはMTGの変異種。「アカデミーの青い悪魔」は、業界では割と有名。

7代目(2005/12/01~2005/12/23)

愚か・・・愚か・・・見事な愚かさ

FE8の適当なバーサーカーを改造コードでならず者に強制変更し、顔を消してからパシャリ。
その後、透明化処理をしたコングの画像(80×72に変更した物)を上に貼り付けて作ったお手軽画像。
さすがは同じ会社。全く違和感が無いのが凄い。他の方々で行っても面白そうである。
が、同じネタを2回以上使う訳にはいかない。ネタ不足だと月イチでも用意するのが大変。

6代目(2005/11/01~2005/11/30)

頭でも打ったのでしょうか?

GBWA2で、バグキャサリンB(下記右)を改造コードで無理矢理使える状態にし、
ブレイク・Sブレイクを発動すると6分の1の確立で拝める台詞。
これは知らない諸兄の方が絶対に多いが、「レッドスター海戦」敗北時のホークの台詞。
海外版も同様の台詞を発する。GBWA2とAW2は見えない所まで同じ内容なのだ。
なお、6分の5の確立で変な文字が大量発生し、フリーズ。前者でもブレイク発動画面でフリーズ。
実機で使用したらおそらくデータが飛んでしまうだろう。絶対にしない方がいいよ。
ちなみに、バグキャサリンA(下記左)の顔はYC兵。発動時の台詞(これらは合計6分の2)は、
「それに戦闘機までいるわね。まぁ落ち着いて対処しましょう。」と、
「よし! 敵の研究所は押さえたぞ!」で、「デルタフォース」と「明日への7日間」での台詞。
下の絵がバグキャサリン×2であるが、右側はどこかで似た様な方々を見た様な気もする。
こんな物を掲載しているのは海外を含めても本サイトくらい。レアモノレアモノ♪

トロピカルキャサリン で、伝説のキャサリン・クローン!?

フリーズと常に隣り合わせの教官×2の勇姿

5代目(2005/10/05~2005/10/31)

戦いのジャングルには、必ず若き獅子がいる

(MTG Editorにて作成)MTGには獅子将マギータという恐ろしいショーグンが存在し、
それにインスパイヤされて作成。FWDSのリョウの方が向きも完璧だが、まだ環境が整っていない。
白ウィニーにストンピィ、のび太君や羽賀研二、小泉純一郎など、MTGの思い出は尽きないが、
現在ではライオンさんが復活し、そのライオンさんをも凌駕する犬がいるとは知らなかった。
その獅子将、壁紙が用意されている。パーミッション野郎には欠かせないネ。

4代目(2005/09/11~2005/10/04)

ゼングントツゲキ! コウタイハユルサン!

GBW3で、武装その他の名称変更コード(最大8文字まで変更可能)で作成した画像。
天の声で自らに話しかけ、アジテーションで周りを洗脳する恐怖の歩兵だ。
名称変更コードは、勲章探しの途中で発見した物だが、肝心の勲章が見つからない。
いい加減教えてくれハドソン! これだけGBW3を啓発しているサイトも珍しいと思うよ。

3代目(2005/09/03~2005/09/10)

金も、女も、権力さえもこの手に 今、確かな総帥が必要です

で、でけぇ! 選挙啓発用に作った、緑の党、イーグルと、その刺客、ホークのポスター。
http://bnh.dyndns.org/emata/の、又吉光雄氏っぽいポスター作製スクリプトで作成した。
2005年9月の衆議院選挙でも(勿論? 2009年8月も)勝てなかったが、そのキャラクターで妙に人気のある方の様だ。
欲を言えば、サイズが小さくて(これは50%縮小)、下部に政党・名前表示できたらもっといい。

2代目(2005/06/23~2005/09/02)

こいこいこいこい

GBWA1+2で、マックスがブレイク・Sブレイクを発動すると6分の1の確立で拝める台詞。
GBWA1+2を購入した諸兄にとっては、続編の発売が早いな程度の感想しかないだろうが、
AW経験者にとっては、血の涙がでそうな程発売が嬉しいのであった。
しかし、前作は3年も待たせながら、FWDSはたった半年。時間の流れを感じさせる。

初代(2005/05/25~2005/06/22)

この出番は逃さない!

「ホープ大海戦!」で、ハンナ使用による勝利で拝める台詞。
ここでハンナさんを使う可能性は皆無なので、結構レア画像といえる。
この台詞は、製作・公開に長い時間を要した本サイトにとってもぴったりな台詞であった。
また、本サイト概要のページで使用していた事もあった。良かったね。FWDSで出番増えて。

前のページに戻る

トップページに戻る